読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築 と 茶の湯 の間

桐浴邦夫(KIRISAKO Kunio)の備忘録 茶室・数寄屋・茶の湯・ヘリテージマネージャーのことなど

リーガロイヤルホテル

『建築と社会』10月号に拙稿「大阪ロイヤルホテル」が掲載されています。f:id:kirisakokunio:20130823112906j:plain
設計者の吉田五十八は御存知のように近代数寄屋の中心にいた一人です。このホテルの設立に尽力した山本為三郎に請われて、設計を行いました。実業家の山本は民芸のコレクターとして有名で、そのコレクションは現在大山崎山荘美術館に収められています。山本の求めに応じ、民芸を含む伝統意匠をちりばめたのがこのホテルです。吉田の得意とする寝殿造をアレンジした意匠が随所に見られます。また民芸デザインはリーチバーに見ることができます。英国田舎風の意匠です。吉田はいわゆる数寄屋風書院造のみを数寄屋ととらえず、幅広く伝統意匠をアレンジしたものも数寄屋と考えていました。まさにその考えが活かされた建築がこの大阪ロイヤルホテル(リーガロイヤルホテル)なのです。