建築 と 茶の湯 の間

桐浴邦夫(KIRISAKO Kunio)の備忘録 茶室・数寄屋・茶の湯・ヘリテージマネージャーのことなど

『モダンエイジの建築』

日本建築協会100周年を記念した図書『モダンエイジの建築』届きました。滋賀県庁舎、関電京都ビル、京都市美術館、甲子園ホテル、橿原神宮駅、大阪ロイヤルホテル、そして1935年の「茶室建築特集号」を担当いたしました。 茶室特集号では、当時の建築家たち…

日本建築協会100周年

日本建築協会が100周年を迎え、記念行事が行われました。 www.aaj.or.jp その一環として100周年記念誌が出版され、これまで『建築と社会』誌で連載されてきた「モダンエイジの建築 -「建築と社会」を再読する-」が掲載されました。 小著も数本掲載されていま…

平成のちゃかぽん 有斐斎弘道館 茶の湯歳時記

淡交社から『平成のちゃかぽん 有斐斎弘道館 茶の湯歳時記』が、出版されました。 伝統的な日本文化を現代に生かす活動を行っている「有斐斎弘道館」の茶会についての図書です。 弘道館の茶室と庭園の解説を担当いたしました。 弘道館の建築は一見さり気ない…

意匠学会「デザイン理論」69号

昨年7月に意匠学会で発表した「数寄者高谷宗範の建築意匠について」が「デザイン理論」69号に掲載されています。 これまで発表してきた、ジェントルマンアーキテクト高谷宗範の建築について、これまでの研究に新たな知見を加え発表した内容についての梗概で…

擁翠亭

この度、擁翠亭保存会の代表に就任いたしました。 微力ではありますが、擁翠亭の維持・管理、調査・研究に尽力して参りたいと存じます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。 擁翠亭保存会|太閤山荘 【趣旨及び目的】(擁翠亭保存会HPより) 「擁翠亭」は、…

建築士会 近畿建築祭

本日は、建築士会の近畿建築祭京都大会。 ヘリテージマネージャーセッションの意見交換会の司会を行いました。 内容は、いざというときの災害に対して、近畿のヘリテージマネージャーが協力しようという協議会の準備会を発足させようと言うことでした。 無事…

松殿山荘 講演会

本日は、松殿山荘において、講演会が行われました。 タイトルは、「高谷宗範「茶室と庭園」をめぐって」ということで、これまでの研究の成果の一部をお話ししてきました。 研究のことだけになると、つまらないので、先般サンフランシスコで講演した近代建築…

寺田家旧蔵数寄屋関係史料調査報告書

ひとつき以上前のことですが、竹中大工道具館より『寺田家旧蔵数寄屋関係史料調査報告書』が発行されました。 私も、いくつかの図面の解題を記しています。 (申し訳ありませんが、写真は拡大しても詳細がわからないようにしています) ・・・本報告書の刊行…

「数寄者高谷宗範の建築意匠について」

京都精華大学で行われた第58回意匠学会大会で「数寄者高谷宗範の建築意匠について」と題して発表して参りました。 高谷宗範の代表作松殿山荘、芝川邸の茶室などについて述べ、武田五一の芝川邸洋館(現明治村)の床の間の幅や床柱の変更に宗範が関与している…

日本建築学会 日本建築和室の世界遺産的価値特別調査委員会

日本建築学会の日本建築和室の世界遺産的価値特別調査委員会の委員に任命されました。 6月28日に第一回の委員会が行われ、出席して参りました。 www.aij.or.jp 委員会の設置目的は「・・・和室が国際的にも尊重すべき文化財として認知される状況を創出するこ…

日式茶室設計

小著『世界で一番やさしい茶室設計』 が台湾で出版されました。 www.books.com.tw 林書嫻という方が訳されました。 博客来(台湾のamazonのようなもの)には、私の紹介が以下のように出ていました。 少し面白い?のでpasteしておきます。 内容の紹介や「名人…

The 3rd Ocha Zanmai International Conference

photo by Dr. Mohammad Salama, San Francisco State University 米国での国際会議で講演を行いました。 かねてよりお知らせしていましたように、5月1日、サンフランシスコ州立大学にて行われた茶の湯の国際会議「3rd Ocha Zanmai International Conference…

建築学会近畿支部建築論部会コメンテーター

日本建築学会近畿支部建築論部会において開催された講演会、近藤康子氏「近代建築家の茶室論にみる茶の湯の生活空間に関する研究」のコメンテーターを務めました。 近年の建築学会においては、茶室に関しての研究発表は必ずしも多くない状況でした。じつは昭…

再読関西近代建築「茶室建築特集号」

拙稿が『建築と社会』2016.03に掲載されました。 『建築と社会』誌、昭和10年10月号は茶室建築特集号で、これについて解説したものです。 http://www.aaj.or.jp/wp/wp-content/uploads/201603con.pdf 昭和初期において茶室への注目度は非常に高いものでした…

学校のHPがかわりました

kyotokenchiku.ac.jp

弘道館での講座 茶の湯の文化を識る

本日は有斐斎弘道館にて、「近代数寄屋の一側面「あさが来た」「マッサン」そして「ごちそうさん」を繋ぐもの」と題するお話をして参りました。 松殿山荘とそれをつくったジェントルマンアーキテクト高谷宗範について、その特殊な数寄屋建築が生まれる背景を…

講演会 高谷宗範 「茶室と庭園」 をめぐって 11/23

11/23、松殿山荘にて「高谷宗範『茶室と庭園』をめぐって」と題して、講演いたしました。 先般の建築学会での発表を、一般向けにした内容を中心に、今話題の大阪今橋の天王寺屋(朝ドラ「あさが来た」の山王寺屋)から移築した座敷についてもお話ししました…

The 3rd Ocha Zanmai Conference のお知らせ

2016年5月1日、San Francisco State UniversityにおいてThe 3rd Ocha Zanmai Conferenceが開催されます。 私も特別講演で"Tea Rooms in Momoyama Era (late 16th century) and Yamanoue no Soji ki(山上宗二記と桃山の茶室)"と題して、お話しする予定です…

市民講座のお知らせ

市民講座「武田五一と和風」が、11/3に行われます。定員があり申込み制となっています。 京都建築専門学校へお申し込み下さい。 tel : 075(441)1141 e-mail : info@kyotokenchiku.ac.jp

高谷宗範『茶室と庭園』をめぐって

建築学会大会において「高谷宗範『茶室と庭園』をめぐって」と題して発表して参りました。 これまでも高谷宗範と松殿山荘に関して、連続して発表してきましたが、今回は昭和2年に刊行された『茶道の主義綱領 茶室と庭園』(恩賜京都博物館での講演録)に関し…

ニッポンが誇る「モダニズム建築」

Casa BRUTUS特別編集 ニッポンが誇る「モダニズム建築」にsupervisorとして協力いたしました。 http://magazineworld.jp/books/paper/5028/ Casa BRUTUS特別編集 ニッポンが誇る「モダニズム建築」: 完全保存版トラベル・ガイド (マガジンハウスムック CASA B…

茶書研究会「山上宗二記」シンポジウム

昨日は茶書研究会主催の「山上宗二記」シンポジウムでした。 私は「『山上宗二記』にみる茶室」ということでお話しして参りました。 概要は、以前の『茶道文化研究』に掲載したものをベースにしていますが、一部新しい史料も使用し、より考察を深めたもので…

「山上宗二記」シンポジウム

茶書研究会のページに7/18(土)の「山上宗二記」シンポジウムについて掲載されています。茶書研究会www.miyaobi.com 茶書研究会「山上宗二記」シンポジウム ■「山上宗二記」シンポジウムのお知らせ ● 山上宗二(1544~1590)は、堺生まれの「薩摩屋」という…

竹中大工道具館研究紀要26号

竹中大工道具館研究紀要26号が刊行されました。 道具館に所蔵される寺田家旧蔵数寄屋関係史料についての解題が一つの特集です。 私は、主に天明大火後の表千家屋敷の復興に関する史料を担当しました。 この史料を精査することで、さまざまなことが見えてきま…

弘道館講座

「武野紹鷗とそれ以前の茶の湯空間」 紹鷗の茶室にいたる二つの筋道、すなわち茶室の原型として「会所」そして町衆の「アン」について述べ、それが統合した形として紹鷗の四畳半を位置付け、お話ししました。「山上宗二記」の一間床の四畳半と「和泉草」の床…

近畿建築祭

1/31神戸で開催された近畿建築祭、「歴史的建造物調査 平時のネットワーク構築を考える」と題して行われたセッションのうち、京都府代表(KOMO(古材文化の会・伝統建築保存活用マネージャーの会)の代表)のパネリストとして参加しました。各府県のヘリテー…

「山上宗二記の茶室」

茶の湯文化学会近畿例会で発表しました。 内容は、先の「山上宗二記にみる茶室」を元にした発表です。 これまでと少し違った視点で、紹鷗や利休の茶室をみたものです。 論文・レジュメ_リンク

「甲東園芝川邸の茶室と高谷宗範について」

建築学会(神戸大学)での発表しました。 簡単な内容は以下の通りです。 松殿山荘のユニークな数寄屋建築群を造り上げたジェントルマンアーキテクト(プロではない建築家)高谷宗範は、芝川家の甲東園の屋敷(その洋館は明治村に移築されています)に茶室を…

「滋賀県庁舎」

建築と社会『建築と社会』2014年8月号に、再読関西近代建築として、拙稿「滋賀県庁舎」が掲載されました。

京の茶室 町衆の好み

京都市文化観光資源保護財団会報110に、拙稿、京の茶室4「町衆の好み」が掲載されています。 西翁院澱看席、高台寺鬼瓦席、遺芳庵、仁和寺遼廓亭を紹介しています。

山上宗二記にみる茶室

今日庵文庫より『茶道文化研究』第六輯が刊行されました。拙稿「山上宗二記にみる茶室」が掲載されています。 この中で一つの問題提起をしています。 30数年前の研究のことです。中村利則氏によって、千利休がつくったとされる妙喜庵待庵の祖形が『山上宗二…

京の茶室 公家の好み

京都市文化観光資源保護財団会報109に、拙稿、京の茶室3「公家の茶室」が掲載されています。 伏見稲荷御茶屋、曼殊院書院と茶室、仁和寺飛濤亭を紹介しています。 いずれ財団のページにも内容が掲載されると思いますので、ご笑覧下さい。 前回の記事は以下…

小堀遠州の茶室

京都市文化観光資源保護財団会報108に、拙稿、京の茶室2「組みあわせの妙 小堀遠州の茶室」が掲載されています。 いずれ財団のページにも内容が掲載されると思いますので、ご笑覧下さい。 前回の記事は以下に掲載されいて生ます。 京の茶室

千利休の茶室をめぐって

今日は市民講座で、利休の茶室についてのお話をして参りました。 私が、待庵、大坂屋敷の三畳大目などについての解説を行い、次いで神津朝夫先生には、『山上宗二記』からみた利休像と茶室についてお話しいただきました。 その後、待庵に関連しての自説(と…

リーガロイヤルホテル

『建築と社会』10月号に拙稿「大阪ロイヤルホテル」が掲載されています。 設計者の吉田五十八は御存知のように近代数寄屋の中心にいた一人です。このホテルの設立に尽力した山本為三郎に請われて、設計を行いました。実業家の山本は民芸のコレクターとして有…

弘道館茶の湯文化講座「近代茶室と数寄屋」

本日13:00~14:30、弘道館にて講義を行って参りました。 西洋建築が近代建築へとその姿を変えるとき、少なからぬ日本建築の影響がありました。厚い壁、小さな窓、自然と相対する建物は、薄い壁、大きな開口部、自然とかかわりの深い建物へと変貌を遂げました…

京都市文化観光資源保護財団会報107

京都市文化観光資源保護財団会報107に、拙稿、京の茶室1「桃山の遺響」が掲載されています。 いずれ財団のページにも内容が掲載されると思いますので、ご笑覧下さい。

古典の日「街かど古典カフェ」特別講座Ⅱ

古典の日「街かど古典カフェ」特別講座Ⅱにて、松殿山荘の解説をして参りました。 http://f.hatena.ne.jp/kirisakokunio/20130712201035 (リンクが切れていたようでしたので改めました) と、いってもわずか10分です。 この短時間に松殿山荘の建築史的意義を…

甲子園ホテル

『建築と社会』2013年2月号に「再読 関西近代建築」シリーズとして、拙稿「甲子園ホテル」が掲載されました。 現在、武庫川女子大のキャンパスとして使用されている元甲子園ホテルについて、その建築概要や、設計者遠藤新についての概要、そして日本の伝統が…

茶室の計画2

建築士会の勉強会で、前回に続いて、「茶室の計画」の第二回目をお話ししてきました。 象徴としての茶室の各部、床の間や天井あるいは点前座を中心とした空間の上下、そして光と影についての講義です。 皆如庵。この円窓の光の奥に見えるものは・・・ 淡交別…

佳水園

京都市文化観光資源保護財団の見学会、都ホテル佳水園の講師を務めました。 はじめに都ホテルの葵殿にて講義を行い、それから庭園と佳水園の見学を行いました。 数寄屋は自然との関わりの深い建築ですが、近代になって西洋の建築家たちが注目するようになり…

四君子苑と東華菜館の見学会

CLUBTAPの主宰する見学会の講師を務めました。行き先は四君子苑と東華菜館。 まずは京都府立文化芸術会館において、吉田五十八と四君子苑についての簡単な講義を行ってから、四君子苑に参りました。今年だけで二度目の見学となりますが、今回も整備の行き届…

弘道館での講座

弘道館(京都市上京区)の講座で、茶室の見方についての講座を行いました。裏千家住宅を事例に引いて、空間の上下とそれをまぎらかす手法などについて、お話しして参りました。 茶の湯空間のおもしろさの一つは、空間の上下をいかに利用して平等ということを…

茶室の計画

京都府建築士会の伝統建築研究会の主催する茶室勉強会の講師を務めました。 タイトルは「茶室の計画」。 茶室は「美」の観点から語られることが多い建築ですが、一方で「用」すなわち計画的にも興味深い側面を持っている建築です。 茶事のことや八炉、床の間…

数寄屋大工展

竹中大工道具館において数寄屋大工展が開催されています。 今日は、古材文化の会の皆さんと一緒に見学しました。 道具館の大村氏には大変詳しい解説をしていただきました。 感謝申し上げます。

手紙にみる千利休の建築的職能について

建築学会の大会(名古屋大学)にて、「手紙にみる千利休の建築的職能について」を発表しました。 内容は、千利休の手紙を元に、利休が具体的にどのような建築の職能を担っていたのか、ということを明らかにしようとしたものです。 具体的には大工の世話や現…

京都府建築士会伝統建築研究会見学

京都府建築士会で発足した伝統建築研究会の見学会で裏千家住宅を訪れました。 じつは8/20に勉強会として予習を行いました。 そのとき裏千家の概要と主な茶室の見どころをお話ししました。 今回は私にとっても久しぶりの訪問でしたが、毎回あらたな発見があり…

展覧会図録『数寄屋大工』

竹中大工道具館巡回展『数寄屋大工―美を創造する匠―』展覧会図録が出版されました http://www.dougukan.jp/sukiya/index.html 拙稿「数寄屋小史」「近代における数寄屋の展開と大工」が掲載されています。 以前コンフォルト100号で作製した茶の湯のダイアグ…

利休と七哲

淡交社から淡交別冊no.61『利休と七哲』が出版されました。 「好みの茶室」について執筆しています。 もっとも、それぞれの茶人の好みの茶室が現存、あるいはその資料が残っているかというと、残念ながら一部の人物を除いてありません。 そこで本稿において…

大礼記念京都美術館

日本建築協会『建築と社会』2012.6号に小著「大礼記念京都美術館(現・京都市美術館)」が掲載されました。 概要を述べると共に、ディテールに言及しています。細部意匠は日本の伝統建築からのものですが、じつはよく見ると、なかなか興味深いデザインです。…